芸能界に関するいろいろな 最新スクープを書いていきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドキッ!エビもえの新ストッキング!?


モデルの蛯原友里(27)と押切もえ(27)が30日、東京・丸の内の丸ビルで2人でプロデュースした新作ストッキングをPRした。OLスタイルで登場した2人は、フクスケのストッキングブランド「f*ing」の新作「KOKOZO」をアピール。OLをメーンターゲットに、これまでにないはき心地を要求したという押切は、「本当にやわらかい。これだったら毎日“ここぞ”っていう日でもいいくらいです」と満足そうだった。


続きを読む
スポンサーサイト

赤西、連ドラ単独初主演 KAT−TUN復帰半年で早くも大役!?


人気グループ「KAT−TUN」の赤西仁(23)が、10月16日スタートの日テレ系ドラマ「有閑倶楽部」(火曜・後10時)で連続ドラマ単独初主演を務めることが29日、分かった。一条ゆかりさんの同名人気少女漫画を初の連ドラ化。2年4か月ぶりのドラマ出演となる赤西は、警視総監の息子でオートバイも巧みに操るスーパー高校生を演じる。語学留学による休業から今年4月に復帰後、半年で早くも巡ってきた大役で、赤西の実力が試される。

 今年4月に芸能界に電撃復帰した赤西が、初の連ドラの看板で、真価を見せる時が来た。

 今作は、日本トップクラスの家庭の子息令嬢が集まる名門校を舞台に、警視総監の息子、世界的大財閥の令嬢など、個性豊かな超セレブ高校生6人が、さまざまな事件に巻き込まれる痛快学園コメディー。原作は81年に月刊漫画雑誌「りぼん」で連載が開始され、現在も「コーラス」誌上で不定期連載中。累計売り上げ約2500万部の超長寿人気漫画だ。

続きを読む

若槻千夏10月結婚?に「自信ある」!?


タレント・若槻千夏(23)が28日、都内に期間限定でオープンした「Ameba Cafe」の一日店長を務めた。自身のブログ「マーボー豆腐は飲み物です」の占いで「10月までに結婚すると言われた。根拠はないですが、自信はあります。結構、占いは信じる方なんで」と、10月までに結婚することを宣言した。ただ、相手については「まだ現れていないです」と明かしたが「あと1カ月半ぐらいある。(最近の芸能界の)結婚ラッシュに乗ろうかと思っています」と意欲を見せていた。


続きを読む

お買い得”で主役を張り続ける上戸彩!?


上戸彩(21)が“また”連続ドラマの主演に決まった。10月に始まる「ワイルドママ」(フジテレビ)で、母親役に初挑戦する。

 共演は大泉洋(34)。NHK大河「功名が辻」の大石静氏が脚本を担当することで早くも話題になっている。

 このドラマに上戸は“背水の陣”で臨むことになる。最近の上戸は主演ドラマのヒットに恵まれず、コケたら致命傷になりかねないからだ。

「1、2年前まで、上戸は“コスプレ女優”として大人気でした。04年の『エースをねらえ!』ではスコート姿、05年の『アタックNo.1』ではブルマー姿、昨春の『アテンションプリーズ』でスッチー姿を披露して好調を維持していました。しかし、その後、快進撃がピタリと止まってしまった」(マスコミ関係者)

続きを読む

熊田曜子「妊娠グラビアをやりたい」!?


タレントの熊田曜子(25)が26日、東京・秋葉原の石丸電気ソフト1でDVD「Gravinist YoKo(グラビニスト・ヨーコ)」の発売イベントを行った。

 「グラビアは1年中できるので、夏が終わってもドンドン水着を着ていきたい」と意欲的。

 結婚、妊娠の予定はまったくないという熊田だが、「妊娠グラビアをやりたい。赤ちゃんがおなかの中にいる時に」と将来の夢プランを披露。「1番とは言わないけど、頑張っていきます」生涯グラドルを誓った。

 10月3日には、ファーストアルバム&新曲「Nonstop Love」を発売する。

続きを読む

ギャル曽根はなんであんなに食えるのか!?


日刊ゲンダイ本紙で連載中のギャル曽根の大食い日記にはほれぼれする。「生クリームケーキを1ホールぃただきました!」「日本テレビの『ラジかるッ』でとんかつ茶漬けを6杯ぃただきましたぁ」ってな具合。大食いの人は常人とどこが違うのか。脳神経科医でテレビ東京の「元祖大食い王決定戦」のドクターを務めている片山晴子先生に聞いてみた。

「大食いの要素は、(1)胃が大きいこと(2)胃の伸び縮みが大きいこと(3)胃酸がよく出ることの3つです。先天的な要素もありますが、後天的に鍛えられる部分もある。食べても太らない人、ヤセの大食いは、体重を気にせず食べるからどんどん胃が大きくなる。猫舌の人も大食い向き。熱いのが苦手なので、水をよく飲む。それで胃が大きくなっていくんです。胃が伸び縮みする人は、弾性線維が活発なので、お肌もツルツルできれいな人が多い。老人になっても老けて見えません。胃酸が多い人は基礎代謝が良くて、またよく食べる生活をすることで、だんだん胃酸や唾液が多く出るようになるのです」

続きを読む

もうウンザリ…「24時間テレビ」感動押しつけ!?


足を引きずりながら必死にゴールを目指す欽ちゃん。19日の日本テレビ「24時間テレビ」を見て、なんでこんなことをさせるのだろうと思った人も多いのではないか。

 ゴール後は、脳梗塞でロレツの回らない坂上二郎の音頭で万歳三唱が行われ、番組パーソナリティーの黒木瞳が「感動を頂き、ありがとう」。タカアンドトシは「すごいものを見させてもらいました」「僕も欽ちゃんみたいになりたい」と叫んでいた。

 作家の麻生千晶氏も「感動の押し付け」に鼻白んだひとりだ。

「あれは、完全な“老人虐待”です。頑張った萩本さんには失礼になるが、66歳で旬を過ぎた芸人に70キロも走らせ、テレビ局がもてあそんでいる気がしました」

続きを読む

長井秀和NYへ1年間の語学留学!?


お笑いタレントの長井秀和(37)が米ニューヨークに語学留学することが22日、分かった。

 所属事務所によると、長井は「日本だけにとどまらず、幅広く活動したい」と5年以上前から英語の習得を希望。9月中旬にも出発し、1年間、語学学校に通うという。99年に結婚した美奈子夫人(32)と長男(2)は同行しない意向。長井は23日に都内で会見する。

続きを読む

麒麟 田村 貧乏が原因で失恋!


シュールな漫才で人気を博すお笑いコンビ・麒麟の田村裕さんは、かつて貧乏だったがゆえに悲しすぎる失恋を経験したのだそうです。
 中学生の頃に好きな人がいたらしく、その相手と仲良くなって話すうちに彼女の方からデートに誘われたのだとか!!しかし田村さんは、お金が無かった為に断ってしまったのだそうです。それでも彼女は諦めず、「家に遊びに行きたい」と言ってくれたそうなのですが、残念なことに彼には家さえも無かったのだとか!(笑) 田村さんの貧乏ネタは、もはや伝説です。
続きを読む

ホリプロの顔は金喰い虫? 松山ケンイチのイマイチ度!?


藤原竜也や妻夫木聡ら人気の先輩たちに続き、いまやホリプロ一押しの若手俳優にのし上がった感がある松山ケンイチ。昨年公開されて大ヒットを記録した映画『デスノート』前・後編で、謎の天才探偵・Lを熱演してブレイク。その後、今年4月に放送されたドラマ『セクシーボイスアンドロボ』(日テレ)と7月に封切られた映画『ドルフィンブルー~フジ、もういちど宙へ~』で念願の初主演を務めたのを皮切りに、今秋以降も森田芳光監督のリメイクで話題の『椿三十郎』や『デスノート』の番外編『スピンオフL』(仮題)など、連続して4本の映画への出演が決まっている超売れっ子だ。
「なんとかして妻夫木の後継者を育てたかったホリプロは、『デスノート』制作の際、1億円以上ともいわれる多額の出資をして製作委員会の中枢に食い込むとともに、L役に当時まだ無名だった松山の起用を猛プッシュ。周囲の反対を押し切って、委員会の幹事を務めていた日本テレビを説得したという経緯があります。ホリプロにとってある意味では社運を賭けた大バクチだったわけですから、それを見事成功に導いた松山を重用するのは当然でしょう」(芸能関係者)
続きを読む

ジャニーズのタレントたちは熱愛報道を大歓迎!?


このところ、嵐の二宮和也(24)&長澤まさみ(20)、SMAPの中居正広(34)&倖田來未(24)とジャニーズの人気タレント2組の熱愛報道が相次いでいる。

 その動向を「なんとしてもうまくいって欲しい」と祈るような気持ちで注目しているのは、結婚したがっているジャニタレたちだという。

「基本的にジャニーズの若手タレントは結婚が許されません。厳しい年功序列体制もあって、順番待ちの状態が続いている。唯一、木村拓哉だけは工藤静香との結婚を強行しましたが、その後も暗黙のルールが変わることはなかった」(芸能リポーター)

 最近、TOKIOの国分太一とaiko、長瀬智也と浜崎あゆみという“2大公認カップル”の破局が続いたのもそのためだといわれている。

 しかし、今回の2組の交際が順調にまとまれば、「結婚OK」の流れができるのではというわけだ。

続きを読む

アッコ 中居&倖田に「いいじゃない」!?


「SMAP」中居正広との熱愛が報じられた倖田來未と仲がいい歌手の和田アキ子(57)は、パーソナリティーを務めるニッポン放送「アッコのいいかげんに1000回」で、「倖田ってウソつかないから、電話で確認するのが怖い。本当のことを聞いたら誰かに言いたくなっちゃうもん」とそわそわ。その後、番組内のニュースの合間に倖田に電話したが「留守電でした」とがっかり。中居との交際については「なんかいいじゃない。2人ともいい子だから」と温かく見守る構えを見せた。
続きを読む

榮倉奈々(女優)!?


 08年度前期の、NHK朝の連続テレビ小説「瞳」のヒロインに抜擢された。演じるのは、ヒップホップダンサーを目指して札幌から上京し、3人の子供の里親になる20歳の女性。1608人の応募者の中から選ばれた。

「まだスキャンダルがなく、純粋で清新な雰囲気だから、朝ドラのヒロインにはピッタリです。問題はヒップホップダンスが大好き、という設定。彼女は運動が苦手だし、好きでもない。うまくダンスができるかが、説得力のあるドラマになるかどうかの、ひとつのカギになる」(芸能ライター)

 昨年はドラマ「ダンドリ。」(フジテレビ)で連続ドラマに初主演し、今年は映画が4本公開。演技の経験は十分だ。

 1988年、鹿児島県生まれ、1歳から神奈川県相模原市で育った。一人っ子の榮倉は母親と仲が良く、悩み事があっても、母親はすぐに察してくれるという。

続きを読む

安田成美 6年ぶりスクリーン復帰!?


女優の安田成美(40)が6年ぶりにスクリーン復帰する。人気落語家立川志の輔(53)の新作落語を映画化した「歓喜の歌」(監督松岡錠司)で、ヒロインを演じる。昨年、テレビドラマで女優復帰したが、育児などで出演は単発ものの2本だけ。「もう子どもを産む予定はないので」と本格的な活動再開に意欲を見せた。08年公開。

 「大河の一滴」(01年)以来、6年ぶりとなる現場。松岡監督から「オーケー!」が出ると、ホッとした表情を見せた。「1カット、1カット、丁寧に撮っていたんだなあと、思い出している最中。(スタッフが)年下ばかりなのは、ショックというか、しっかりしなきゃというか…」

 04年に初演された志の輔の落語が原作。公民館職員のミスで公演が重なった2つのママさんコーラスグループが最後には協力してベートーベンの「第9」を一緒に歌う感動作。コーラスグループのリーダーを演じる安田は、この日から本格的に始動した。

続きを読む

三船美佳の子守歌はエルビス!夫婦で大ファン!?


米歌手エルビス・プレスリーの没後30周年を記念した切手とCDのセット「ELVIS30th」が発売されることになり、エルビスファンの高橋ジョージ(49)、三船美佳(24)夫妻がこのほど都内でPR。

 三船は俳優で父の故・三船敏郎さんが大ファンだったことを明かし「父が熱唱する『ブルー・ハワイ』が子守歌だった」。切手10枚と29曲入りCDのセット(税込み6800円)のほか、切手のみ(同3150円)もある。命日にあたる16日から9月30日まで全国の郵便局で予約受け付け。

続きを読む

ダルビッシュ妻が学ぶ“早大eスクール”の難易度!?


日ハムのエース・ダルビッシュ有(20)を射止めた女優サエコ(20)の“もうひとつの肩書”に注目が集まっている。

 スポーツ紙などで「現役早大生女優」と報じられているが、目を凝らして見ると「早大人間科学部」の後にカッコ書きで「通信制」の記述。早大に通信制があること自体、あまり知られていないが、一体ナンなのか。

「正式には『人間科学部eスクール』と言い、03年に開設されたまだ新しい通信制の学部です。インターネットを利用して自宅で授業に参加できるシステムで、受講生は忙しい30~40代の社会人が多い。07年の志願者数は6学科で計396人、合格者は242人。試験は書類選考と面接試験で、倍率は1.64倍です。元力士の旭鷲山、フィギュアスケートの中野友加里、西武の田辺徳雄二軍野手総合コーチなど、有名人も多く入学しています」(早大関係者)

 卒業すれば通信制とはいえ、最終学歴に「早大」の学校名が書けるのがウレシイ。もっとも、通信制は手軽さゆえに勉強しないまま中退したり、単位が取れずに脱落する生徒が多いといわれる。最短の4年で卒業できれば学費総額は約430万円だが、卒業できないと延々払い続けるハメに。やっぱり厳しいのか。

続きを読む

NHK朝ドラヒロインたちの“その後”!?


榮倉奈々(19)が来年4月スタートのNHK朝の連続テレビ小説「瞳」の主演に決まった。かつては、朝ドラで箔付けして一流へのし上がる女優が多かったものだが、このところヒロインたちの“その後”はパッとしない。

 松嶋菜々子(96年「ひまわり」主演)の妹分としてプッシュされた藤澤恵麻(04年「天花」)はサッパリだし、宮地真緒(02年「まんてん」)は度重なる男性スキャンダルでイメージダウン。岡本綾(00年「オードリー」)にいたっては、朝ドラ先輩の竹内結子(99年「あすか」)のダンナの中村獅童との不倫がバレ、逃げ出すように引退してしまった。

「それでも、顔と名前が一致すればいいほう。朝ドラ卒業後、女優だかタレントだか立ち位置がハッキリしないのばっかりです。朝ドラ人気が落ち込んでいて馴染みになりにくいのもありますが、ヒロインの小粒化も原因でしょう」(芸能関係者)

 榮倉はドラマ「ダンドリ。~Dance☆Drill~」(フジテレビ)で主演を踏んだ経験アリなので、ぜひガンバッてほしいものだ。

続きを読む

浜崎あゆみ 背中のタトゥーを消すお値段!?


若気の至りとは、このことだろう。TOKIOの長瀬智也(28)と7年も付き合って別れた歌手の浜崎あゆみ(28)。背中の右上には、4年前に長瀬とお揃いで彫った、はがき大の「タトゥー」が残っている。

「4日に主題歌を手がけた映画の舞台あいさつがあったのですが、あゆは髪を30センチ切り、長瀬のイニシャル入りのタトゥーも、ファンデーションを塗ってごまかしていた。痛々しいですよ」(芸能リポーター)

 心の傷はいつかは癒えるが、タトゥーはずっと残る。消そうと思えば、手術しかない。ある美容整形外科医が言う。

「薄着の季節になると、決まって若い男女の『タトゥーを消したい』という相談が急増する。『職場で白い目で見られる』『新しい恋人にあれこれ詮索されたくない』ようです。レーザーを使って半年ぐらいかければ、ある程度は消せますが、痕は残る。はがき大のタトゥーは2万~4万円で彫れますが、いざ消すとなると料金はその20倍はします」
続きを読む

川元彩舟 気学方位術でズバリ!! 山本モナ(フリーアナウンサー)“結婚運”!?


六白金星の山本モナさんは、六白に似合わずなかなか気性の激しい女性とお見受けしましたが、いかがでしょう。私がそう申し上げるのは彼女の干支が「丙辰(ひのえたつ)」だからです。とくに「辰」がその激しさを示していますね。また、少し目立ちたがり屋さんという一面を持ち合わせているようにも見てとれます。

 キャスター降板後、しばらく謹慎していたモナさんでしたが、今年1月、いきなり“かぶり物”をして復帰しましたね。それがいい例です。昨日も触れましたが、本来、六白金星は沈着冷静で何事にも慎重という気質の持ち主。そういう点ではちょっと珍しいタイプのように思いますね。

 そんなモナさんをもう少し突っ込んで鑑定してみますと、宿命を意味する「月命」から興味深い運勢が見てとれます。ひとつはモナさんは結婚と仕事を天秤にかけたとき、まだ仕事を選ぶだろうということです。南西の「二黒土星」に試練を意味する月破という凶神がついているからです。二黒には主婦業をソツなくするという意味があります。

続きを読む

梅宮アンナ涙「羽賀研二の家に行ったら女性が寝てた」!?


つい1ヶ月ほど前、羽賀研二が逮捕されるまで、「ズバリ!」のプロデューサーは梅宮アンナをキャスティングしようとは考えていなかったかもしれない。アンナと「憧れの細木先生」の共演は、元恋人の意図せぬプレゼントだったのだろうか。



なお、この日は緊急鑑定と題して、細木数子×チャーリー・シーン対談も放送された。普段のスタジオと違って、くりぃむしちゅーがいない分、面白味のない雑談に流れていたが、シーンは自身の子供服ブランドの日本上陸を目論んでいるらしく、抜け目なく宣伝していた。センセイによれば「(子供服ブランドは)日本でも成功する」らしい。

さて、前宣伝通り、涙ながらに半生をふりかえるアンナ。羽賀との恋愛での極めつきのエピソード。あるとき、羽賀宅に行ってみると、女性がベッドに寝ていた。しかし「何もなかった」と弁解され、最後には信じることにしたという。「アンタ、ほんとの天然バカだねえ」とセンセイは感心しきり。

続きを読む

つか氏が黒谷友香にスキャンダル指令!?


女優・黒谷友香(31)が7日、都内で主演舞台「売春捜査官」の東京公演初日をスタートさせ、演出のつかこうへい氏(59)から女優としてのさらなるステップアップの条件として「スキャンダル」を要求された。
 劇中、濃厚なキスシーンや胸を揉(も)まれるシーンなど官能的なシーンに挑戦。つか氏は、黒谷の女優としての演技に太鼓判を押す一方で「あとは女っぽくなってくれればいいんだけど…一度、その辺のあんちゃんにだまされてきた方がいい。体をほりなげて傷ついた方がいい」と私生活での色恋をアドバイス。予想外な指摘に照れ笑いを見せた黒谷だが「進んで傷つこうと思います」と今後の恋愛に意欲!?をのぞかせていた。
続きを読む

叶恭子“持ち逃げ”ついに実妹告訴!?


叶姉妹の代理人・弘中惇一郎弁護士が6日、都内で会見し、叶恭子(44)=本名・小山恭子=が実妹・小山晴栄さんを7月6日に警視庁赤坂署に横領罪で刑事告訴、受理されていたことを明らかにした。被害総額はダイヤモンド、家具等を合わせ約2億7000万円に上るという。肉親の骨肉の争いは、ついに刑事事件に発展した。       
 同弁護士によると、今年1月、晴栄さんが恭子のダイヤモンド等を持ち逃げしたことが発覚し、2月に赤坂署に被害届を出していた。
 同弁護士は会見で、告訴に踏み切った理由として3点を挙げた。
 (1)「晴栄さんが自分のやったことの責任を全面的に否定し、恭子さんは裏切られたことを悲しんでいた。事件の真相を解明し、責任を取ってもらいたい」(2)「被害届を出してから、警察が親身になって捜査してくれた。その過程から横領罪が立件できると判断した」(3)「肉親間の横領罪は親告罪となるため、6カ月以内に告訴しなければという日時が迫っていた」。
続きを読む

中村獅童出演作でのエイベックスの賭けは成功するか!?


中村獅童(34)がエイベックスの“命運”を握ることになった。エイベックス・エンタテインメントは8月1日付で獅童と業務提携契約を交わし、「歌舞伎以外の芸能活動に関する業務を行う」ことを正式発表。移籍の目玉として、獅童が日中韓台4カ国合作の映画「レッドクリフ(仮題)」(08年秋公開)に出演することもあわせて発表した。

 この映画は、三国志の名場面「赤壁の戦い」を舞台にした男女の愛憎劇で、香港のジョン・ウー監督がメガホンをとる。獅童の他に、香港のトニー・レオン、日本の金城武といったアジア各国の人気俳優がズラリと顔を揃え、アジア映画史上最高額の製作費7500万ドル(約90億円)を投じる破格の超大作だ。

 だが、周辺では「エイベックスは本当に大丈夫なのか」と心配する声があがっている。

 エイベックスは昨年から映画事業に本格進出したが、今年3月公開の角川春樹総指揮の大作映画「蒼き狼 地果て海尽きるまで」が大ゴケした。40億円もの製作費をかけたのに興収は12億円と伸び悩み、20億円以上の赤字を出してしまった。獅童が出演する「レッド――」がコケるようなことになれば、エイベックスの屋台骨が揺らぎかねない状況なのだ。

続きを読む

原幹恵 浴衣姿で「ハニーフラッシュ」!?


「美少女クラブ31」の原幹恵(20)が4日、DVD「ゆらりゆられて…」の発売記念イベントを都内で行った。涼しげな浴衣姿で登場。DVDではバスト94センチのGカップボディーを披露しており「初めてブルマーをはいて、すごく恥ずかしかった」と照れ笑い。テレビ東京の主演ドラマ「キューティーハニー THE LIVE」(10月2日スタート)の撮影も快調に進んでおり「ハニーフラッシュ!」もバッチリ。
続きを読む

光浦退院していた…KABA.ちゃんブログで判明!?


脳動脈瘤(りゅう)を患い、頭部血管の手術を受けることを発表していたタレントの光浦靖子(36)が退院していたことが3日、分かった。

 友人のKABA.ちゃん(38)が自身のブログに「退院祝い」というタイトルで、光浦に鍋料理を作ってもらったことをつづっている。光浦の後ろ姿の写真も掲載。所属事務所は退院や手術の日などの詳細について「担当者が不在でお答えできない」とした。

続きを読む

なんか怖~い”まちゃまちゃ!?


 お笑いコンビ「ハリセンボン」とまちゃまちゃ(31)が声優として出演した米ホラー映画「呪怨 パンデミック」(監督清水崇、18日公開)の日本語吹き替え版の完成会見が2日、都内で行われた。10歳年下の男性と同居中であることを明かしたばかりのまちゃまちゃは「(公表して)向こうの両親も心配しだした。色目で見たけりゃ見ればいいさ」と開き直りつつ“同棲”を否定した。また清水監督は、シリーズを通して幽霊「伽椰子」役で出演した女優の藤貴子(35)が、前作「THE JUON/呪怨」(04年)公開後に製作スタッフの男性と再婚したことを明かした。


続きを読む

】「元スケバン刑事」大西結花に「男を育てる意識を持て!」!?


もしも日本一のフォーチュン・テラーに会えるとしたら、なにを占ってもらいたいだろうか――「結婚運」と答える人は多いかもしれない。だが、TBSの科学番組「ズバリ言うわよ!」運命の鑑定では、あまり需要がない。「健康」「寿命」「カネ」の寡占状態が続いている。

   この番組のホスト&ゲストは高齢化社会の鑑である。某厚労相なら顔をしかめるであろう独身の「子供を産む前の機械」などは絶滅寸前のマイノリティー。どちらかといえば、年が進んで独身に"なった"人のほうが出番は多いのだ。

   そこに、本日は元スケバン刑事の大西結花が39歳の「負け犬」としてやってきた。大西の露出度が高めの衣装を見とがめた細木数子大先生は「オッパイおおきいねー」と第一声。

続きを読む

勘太郎“父の出世作”に挑む!?


歌舞伎俳優の中村勘太郎(25)が31日、「八月納涼大歌舞伎」(11~29日・歌舞伎座)で出演する「磯異人館」の舞台となった鹿児島を訪れ、意気込みを語った。

 「磯異人館」は幕末の薩摩藩士たちの物語。勘太郎はガラス作り職人・精之介を演じ、琉球の王女・琉璃(七之助)と恋に落ちる歴史ロマン。勘太郎が初舞台を踏んだ直後の87年2月に父親の中村勘三郎(当時、勘九郎)が初演し、20年ぶりの再演に息子が挑む。

 平成中村座ニューヨーク公演から帰国した勘太郎は「父親が『オレの出世作だ』と口を酸っぱくして言っている作品。しっかり務めます」と決意新た。鹿児島では異人館や尚古集成館を訪れ、ガラス工場では、薩摩切子の製作過程「荒ずり」にも挑戦。「難しかった。でも、現地に行って空気を吸うと実感できる」と話した。

続きを読む
Copyright © 芸能最新スクープ! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。