花より男子2において恋は敗者のほうが美しい!?・芸能界に関するいろいろな 最新スクープを書いていきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花より男子2において恋は敗者のほうが美しい!?


           花より男子2において恋は敗者のほうが美しい!?

          http://news.livedoor.com/article/detail/3093356/

 

      金持ちたちのイジメの中で一人闘う雑草少女という構図から、恋愛モードに傾いた今回、恋に悩むつくし(井上真央)の輝きは、前作に比べるとイマイチ。

   むしろ魅力的だったのはライバルの滋ちゃん(加藤夏希)。大金持ちの令嬢でありながら、行動は破天荒、道明寺(松本潤)の耳に噛みついたり、いきなりブッ飛ばしたり。一途で健気で。体当たりで勝負に挑んだあげく見事玉砕。最後はすべて恋人たちのいいようにしてあげて、去っていく。カッコイイ。

   つくしが困っているときには必ず助けにきてくれる花沢類(小栗旬)も、どれだけ優しくしたら気が済むんだ。そう、恋は敗者の方が美しい。

 

   確かに、花より男子2はこういった場面が

   あったから、盛り上がったかもね~

私にとってのクライマックスは8、9話、ラスト2話は蛇足? 続いて登場したオジャマ虫の海ちゃん(戸田恵梨香)は、あまりにもベタな悪役で。しょうがないの、つくしちゃんの魅力を際立たせるためだから。

   吹雪に閉じ込められた山小屋で、つくしを抱きしめる道明寺の指先がキラキラ。きょう日の男子は、ネイルのお手入れも欠かさないのね。二人が救出された途端に会社の経営はもち直し、めでたしめでたし。

 

  なるほどね~

 花男をみてた視聴者のみなさんは

 どう、思うでしょうね~

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。