ルー大柴再ブレーク 今なぜ「ルー」なのか!?・芸能界に関するいろいろな 最新スクープを書いていきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルー大柴再ブレーク 今なぜ「ルー」なのか!?


インチキ英語でマシンガントークをかますギラギラ顔のルー大柴(53)が再浮上している。ルーのファンは「ルーマニア」と呼ばれ、ネット上には「ルー語」の変換サイトまで登場する人気。アノ男がなぜまた?
 そもそものきっかけは、本人のブログ「TOGETHER」。「レイトゥリー、私にボイスを掛けてくれるピープルが増え、“変装してるのにWhy?”とアスクしたくなる」といった感じで、トーク同様に英語もチャンポン。どうにも読みづらいのだが、若者はそこにハマったようだ。
「ルーの全盛期を知らない若い世代に、このムチャクチャな文体がウケているんです。ブログのアクセス数は、20代を中心に月間18万件以上。読みづらさがポイントで、いわばギャル語のオヤジ版ですね」(ワイドショースタッフ)

タレントのルー大柴はなぜいま

人気があるのでしょうね。

もう、人気はすぎたと思ったんですがw

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070510-00000004-gen-ent

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。