「アルゴ」と「トリンカ」で数字と仲良くなれる!?・芸能界に関するいろいろな 最新スクープを書いていきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アルゴ」と「トリンカ」で数字と仲良くなれる!?


「アルゴ」と「トリンカ」と聞いてピンときた方は、きっと子供と接する機会の多い人なのではないだろうか? 楽しく数字と遊びながら、計算力と記憶力、そして分析力を鍛えられ、論理的思考力を向上させると注目を集めている「アルゴ」と「トリンカ」は今、低年齢層に徐々に広がりつつある。

 「アルゴ」と「トリンカ」は、算数オリンピック委員会と東京大学算数研究所、そしてピーター・フランクルの3者が共同で開発した、脳力トレーニングカードゲームで、学習研究社より発売されているものをニンテンドーDS用として開発された。

 数学のノーベル賞と言われるフィールズ賞を受賞した京都大学名誉教授の広中平祐氏をはじめ、大道芸人であり国際数学オリンピック金メダリストのピーター・フランクル氏、そして東京大学算数研究所メンバーらが共同で開発した「アルゴ」と「トリンカ」は、小学校や塾などの教材としても利用され、某私立中学校の入試試験問題としても出題されている。

これで、子供の算数嫌いが解消されるといいですね。

ゲーム感覚でやれて楽しそうです。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070518-00000008-zdn_g-game

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。