松本人志の「大日本人」どこが面白い!?・芸能界に関するいろいろな 最新スクープを書いていきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本人志の「大日本人」どこが面白い!?


映画「大日本人」が、公開2週間目にして興行収入7億5000万円、動員数50万人を突破した。そのお祝いで16日、出演者が東銀座の東劇へ特別舞台挨拶に駆けつけたが、企画・主演・監督の松本人志(43)は欠席だった。ま、いろいろな理由があるのだろうが、もう松本にはゲップが出てくる。とにかく、映画の宣伝で、メディアに出ずっぱりなのである。「BRUTUS」(6月15日号)は、大松本論と題し、一冊丸ごと松ちゃん特集。「AERA」(4月30日・5月7日合併号)では、映画、酒、TVについて語り、「日経エンタテインメント!」(7月号)では表紙を飾ったうえ、6ページでドーン。女性誌「FRaU」(7月号)では「松本人志は、なぜ、独身なのか?」という特集が組まれていた(しかも真相は分からずじまい)。

 映画の内容だが、松ちゃん扮する普段は冴えない中年男が、防衛庁の命で高電圧をかけられて巨大化。怪獣から日本を守るべく、正義のヒーローとして闘うというもの。映画批評家の前田有一氏の評価はこうだ。

「一言でいうと、どうしようもない映画。北朝鮮や米国を象徴するキャラクターを登場させたり、日本の世相を風刺するシーンがありますが、なにせ分かりづらい。アート系に走りすぎていて、理解しがたい内容です」

松本監督の大日本人は酷評のようですね。

確かにいまいちわかりづらい映画ですね。

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/3209030/

スポンサーサイト
Copyright © 芸能最新スクープ! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。