この人物のオモテとウラ ルー大柴(タレント)!?・芸能界に関するいろいろな 最新スクープを書いていきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この人物のオモテとウラ ルー大柴(タレント)!?


「YAHOO!」のトップページを見て驚いた。急上昇検索ワードのひとつに「ルー語変換」とある。「ルー語」とはタレントのルー大柴(53)が使う、日本語と英語をゴチャ混ぜにした言葉。変換したい言葉を入力すると、「ルー語」になって出てくる。たとえば、「ルーは面白い」を入れると「ルーはインタレスティング」、「みんな一緒に笑おう」ならば「みんなトゥギャザーに笑おう」という具合だ。

 90年代初めにブレークし、「顔が濃い」「話がくどい」などと言われていつの間にかフェードアウトしていたルーが“アゲイン”している。きっかけはルー自身が昨年5月に始めたブログ。「レイトゥリー、私にボイスを掛けてくれるピープルが増え“ホワイ?”とアスクしたくなる――」なんてムチャクチャな言語が、往時を知らない若者に受けて第2の黄金期を迎えているのだ。5月に自伝「ルー炎上」を出版し、「笑っていいとも!」(フジ)のテレフォンショッキングにも久々登場。つい先日は細木数子の「ズバリ言うわよ!」(TBS)でもムチャクチャなルー語で細木センセイをケムに巻いた。

ルーさんのブームがほんと再来してますよね。

いつまで続くんでしょう。

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/3218352/

スポンサーサイト
Copyright © 芸能最新スクープ! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。