勘三郎 米国で“英語法界坊”に挑戦!?・芸能界に関するいろいろな 最新スクープを書いていきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勘三郎 米国で“英語法界坊”に挑戦!?


歌舞伎俳優の中村勘三郎(52)が3日、座長を務める平成中村座「2007年7月訪米歌舞伎ニューヨーク ワシントン公演」製作発表を都内ホテルで行った。勘三郎は、メーン演目の「法界坊」で「せりふの3分の1を英語にする」と宣言するなど、04年以来2度目の米公演に力が入っている。

 勘九郎の名前で臨んだニューヨーク公演から3年。勘三郎は“英語を話す法界坊”となり、あこがれの地に舞い戻ることになった。

 報道陣から「隠れて英語を勉強していると聞いていますが?」と問われると、勘三郎は照れ笑い。「実は2月から勉強してまして、ニューヨークにも何度か行ってるんです」と明かした。現地では映画「羊たちの沈黙」などに出演している米俳優ポール・レイザー(52)に師事。同い年ということで意気投合し「ちょっと英語でせりふを言ってみたら大笑いしてくれてさ。“何を言いたいかは分かった”と言われたよ」と笑った。

日本の歌舞伎はニューヨークでも

はやってるんでしょうかね。

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/3221004/

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。