勘太郎“父の出世作”に挑む!?・芸能界に関するいろいろな 最新スクープを書いていきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勘太郎“父の出世作”に挑む!?


歌舞伎俳優の中村勘太郎(25)が31日、「八月納涼大歌舞伎」(11~29日・歌舞伎座)で出演する「磯異人館」の舞台となった鹿児島を訪れ、意気込みを語った。

 「磯異人館」は幕末の薩摩藩士たちの物語。勘太郎はガラス作り職人・精之介を演じ、琉球の王女・琉璃(七之助)と恋に落ちる歴史ロマン。勘太郎が初舞台を踏んだ直後の87年2月に父親の中村勘三郎(当時、勘九郎)が初演し、20年ぶりの再演に息子が挑む。

 平成中村座ニューヨーク公演から帰国した勘太郎は「父親が『オレの出世作だ』と口を酸っぱくして言っている作品。しっかり務めます」と決意新た。鹿児島では異人館や尚古集成館を訪れ、ガラス工場では、薩摩切子の製作過程「荒ずり」にも挑戦。「難しかった。でも、現地に行って空気を吸うと実感できる」と話した。

日本の歌舞伎はニューヨークでも大人気ですね。

これも勘太郎さんのおかげですね。

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/3252562/

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。