中村獅童出演作でのエイベックスの賭けは成功するか!?・芸能界に関するいろいろな 最新スクープを書いていきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中村獅童出演作でのエイベックスの賭けは成功するか!?


中村獅童(34)がエイベックスの“命運”を握ることになった。エイベックス・エンタテインメントは8月1日付で獅童と業務提携契約を交わし、「歌舞伎以外の芸能活動に関する業務を行う」ことを正式発表。移籍の目玉として、獅童が日中韓台4カ国合作の映画「レッドクリフ(仮題)」(08年秋公開)に出演することもあわせて発表した。

 この映画は、三国志の名場面「赤壁の戦い」を舞台にした男女の愛憎劇で、香港のジョン・ウー監督がメガホンをとる。獅童の他に、香港のトニー・レオン、日本の金城武といったアジア各国の人気俳優がズラリと顔を揃え、アジア映画史上最高額の製作費7500万ドル(約90億円)を投じる破格の超大作だ。

 だが、周辺では「エイベックスは本当に大丈夫なのか」と心配する声があがっている。

 エイベックスは昨年から映画事業に本格進出したが、今年3月公開の角川春樹総指揮の大作映画「蒼き狼 地果て海尽きるまで」が大ゴケした。40億円もの製作費をかけたのに興収は12億円と伸び悩み、20億円以上の赤字を出してしまった。獅童が出演する「レッド――」がコケるようなことになれば、エイベックスの屋台骨が揺らぎかねない状況なのだ。

シドウさんは、映画での演技はなかなかいいですもんね。

エイベックスもこれでぼろ儲けでしょうかね。

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/3258462/

スポンサーサイト
Copyright © 芸能最新スクープ! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。